日々の感謝を伝えよう!母の日にプレゼント

2月に豆を撒くのは何故か

お面と豆

厄除けとして豆を撒く

日本には古来より様々な伝統行事があります。その多くが人々の健康や安全安心な生活を祈るものです。2月3日に執り行われる節分の行事もその一つです。 節分という言葉には「季節を分ける」と言う意味があります。特に、2月3日は春分に係る季節の分かれ目であり、魔物が分かれ目から入って来ないよう用心が必要な節目であると考えられています。また現代においても、地域によっては節分を大晦日と考え、一年の最も大きな節目と捉えています。このような背景があり、災いを免れるための行事として節分が現代に至るまで重要視され、伝統行事として定着しています。 節分の日には「福は内、鬼は外」の合言葉のもと、家の内や外に豆撒きを行います。地方によっては「福は内、鬼も内」というところもあります。これは鬼を改心させることに成功したため、鬼も内に入れて皆で円満に過ごそうという考えに基づくものです。日本人の輪をもって尊しとなす精神が反映されていると言えます。 何故、撒くものが豆かというと、かつて豆のことを「魔滅」と書いてまめと読んでいたためです。 また節分には、数え年齢の数だけ福豆を食べる習慣があります。年齢を重ねるにつれて、食べるべき豆の個数が多くなり、食べるのが大変になる人も多いです。その解決策の一つとして、3粒だけお茶に豆を入れて飲む方法もあります。ちなみに3粒というのはまめまめしく働けるように、との意味合いが込められています。このように、 節分とは最も重要な季節の分かれ目で、災いを呼び寄せないために豆撒きが行われています。